Fireタブレットでできること・できないこと【2021年版】

Fireタブレットは、Amazonが出している格安タブレットで、安いわりになんでもできるるタブレットです。

しかし・・・

「Fireタブレットで何ができるの?」ときかれて、
「プライムビデオが見れる!」
「それだけ?」

となってしまうことも・・・。

プライムビデオを見る以外にも、いろいろな使い方があるので、Fireタブレットでできること、できないことをまとめて紹介!

Fireタブレットでできること

Fireタブレットで「できること」について紹介します。

プライムビデオが見れる

Amazonの動画配信サービス「プライムビデオ」を見ることができます。

ただし、タブレットを購入すれば「プライムビデオ」のコンテンツを無料で見れるわけではありません。

「プライムビデオ」のコンテンツを見る場合は、無料で提供されているものを除いて、Amazonプライム会員の月会費500円(税込)または、年会費4,900円(税込み)の登録が必要です。

プライム以外のVODもアプリを使って見れる

プライム以外の動画配信サービス(VOD/ビデオオンデマンド)も見ることができます。

下記の動画配信サービスを利用する場合は、「アプリストア」でアプリのダウンロードが必要です。

主なサービス動画配信サービス

  • Red Bull TV(レッドブル)
  • DAZN(ダゾーン)
  • Netflix(ネットフリックス)
  • GYAO!(ギャオ)
  • ABEMA(アベマ)
  • Hulu_fire(フールー)

Kindle本(電子書籍)が読める

Amazonで購入したKindle本(電子書籍)を読むことができます。

Amazonには、Kindle本を読むための専用デバイス「Kindle」がありますが、Fireタブレットでもアプリを使って読むことができます。

FireタブレットでKindle本(電子書籍)を読む場合は「Kindleアプリ」を利用します。

この他、Amazonには月額有料の読み放題サービス「KindleUnlimited」もあります。

アマゾンの本(電子書籍)の読み放題サービスについて
プライムリーディング(Prime Reading)とキンドルアンリミテッド(Kindle Unlimited)の違い

音楽が聴ける

Amazonの音楽配信サービス「Amazon Music」で音楽を聴くことができます。

Amazon Musicは、有料と無料があります。

Amazon Music無料版は、Amazonアカウントがあれば、誰でも無料で使うことができます。期間限定ではなくずっと無料で使えます。

また、アマゾンプライム会員であればPrime Music(プライムミュージック)を追加料金なしで使えます。

すでに自分がもっている音楽ファイルを再生するなら、アプリを使って聴くことができます。

また、クラウド上にある音楽ファイルを再生したい場合は、ファイルマネージャーアプリ「File Commander」を使って音楽再生もできます。

カメラで写真や動画がとれる

Fireタブレットには、カメラがついているので写真や動画をとることができます。

ただし、カメラの性能はあまりよくないので、カメラを期待して買うのはやめたほうがいいです。

Alexaが使える

Fireタブレットに話しかけると、アレクサが言葉に反応していろいろなことができます。

Alexaにどういえばいいか分からない時
FireタブレットのAlexa(アレクサ)でできること

YouTubeが見れる

FireタブレットにYouTubeアプリを入れれば、YouTube動画を見ることができます。

ゲームができる

Fireタブレットで公式に提供している「アプリストア」から、いろいろなゲームをダウンロードできます。

アプリストアでゲームをインストールする
Fireタブレットのアプリストアの使い方

GPS(位置情報サービス)が使える

正確にはGPSではないのですが、位置情報サービスを使うことができます。

Googleマップやデリバリーサービスなどの位置情報が必要なサービスを使うことができます。

位置情報サービス(GPS)を使う
Fireタブレットで位置情報サービス(GPS)を使う方法

子供用の設定ができる

Fireタブレットには、一つのタブレットを大人用と子供用に分けることができるプロフィール設定があります。

子供用設定を行えば、ずっと遊びに使ってしまうのを防ぐことができます。

ネットサーフィンができる

Fireタブレットに最初からついている「Silkブラウザ」を使って、ネットサーフィンができます。

Googleクロームなどのブラウザをインストールすることはできませんが、「Silkブラウザ」を使えば検索などの基本的な操作は可能です。

無料でビデオ通話ができる

アプリストアから「Zoomアプリ」をインストールすれば、無料でビデオ通話ができます。

スマートフォンで見るよりも画面も大きいので資料の文字なども見やすいです。

ビデオ通話ができる他のアプリには「Skype(スカイプ)」もあります。

車のリアモニターとして使う

車で長距離移動する時は、子供に映画やアニメなどを見せることができる便利なリアモニターとして利用できます。

事前にプライムビデオで映画などをダウンロードしておけば、WiFiなしのオフラインでも見ることができます。

リアモニターとして利用する場合は、シートのヘッドレストに装着して使うタブレットホルダーが必要です。

6-11インチのタブレットに対応しているのでFireタブレットも利用できます。

Fireタブレットでできないこと

Fireタブレットで「できないこと」について紹介します。

Google Playからアプリをダウンロード・インストールできない

Fireタブレットでは、基本的にGoogle Playが使えません。そのため、Google Playで提供されているアプリを使うことはできません。Amazonコインを提供しているため、今後もGoogle Playがサポートされることはほぼないと思います。

無料で提供されているapkを使って、Google Playを利用する方法もありますが、公式サポートはしていないので、Fireタブレットが起動しなくなり、初期化が必要になる場合もあります。

それでもインストールしたい場合は、下記を参考にしてください。

FireタブレットにGooglePlayをインストールする方法
【2021年版】FireタブレットにGooglePlayをインストールする方法|FireOS7

インターネット接続にはWiFiが必要

Fireタブレットは、SIMカードが使えない(SIMカードスロットがない)ので、インターネットに接続するにはWiFiが必要です。

WiFiがないところでもインターネットを利用したい場合は、スマートフォンのインターネット回線を利用する「テザリング」という方法があります。

スマートフォンのインターネット回線を使う
Fireタブレットでテザリングを設定する方法(Androidの場合)

まとめ

Amazonが提供しているタブレットなので、Amazonの「ショッピング」「プライムビデオ」「AmazonMusic」「本(電子書籍)」などは一通り利用できます。

一方、Google Playが使えないため、アプリの品ぞろえが少なく、最新のゲームで遊ぶことはできません。とはいえ、必要なアプリはそろっているのでゲームで遊ぶために購入したのでなければ、十分価値のあるタブレットです。

以上、Fireタブレットでできること・できないことを紹介しました。Fireタブレットを購入する時の参考にしてください。