Fireタブレットで使えるスタイラスペン「KINGONE」のレビュー・感想

疑問

・Fireタブレット(Fire7、Fire HD 8、Fire HD 10)で使えるスタイラスペンは?
・お絵描きソフトで使える?
・使ってみた感想は?

Android端末で利用できる「KINGONE」のスタイラスペンをFireタブレット用に購入しました。

Fireタブレットのお絵描きソフトで使えるのか、使ってみた感じをレビューします。

目次

「KINGONE」スタイラスペン

KINGONEスタイラスペンは、iOS用とAndroidスマートフォンでも使えるタイプの2つがあり、さらに新モデルや旧モデルがあります。

今回は、Fireタブレットでも利用できるようにAndroidスマートフォン対応のスタイラスペンを購入しました。

KINGONE
¥2,699 (2022/12/09 15:36:51時点 Amazon調べ-詳細)

「KINGONE」スタイラスペンの内容

「KINGONE」スタイラスペンの内容は、本体のペン以外に、USC TYPE-Cの充電コード(USBアダプター付き)、替え芯3本、お絵描き用2本指手袋がついています。

KINGONEスタイラスペンの内容物

「KINGONE」スタイラスペンの特長

「KINGONE」スタイラスペンの特長は下記のとおりです。

「KINGONE」スタイラスペンの特長

  • 急速充電
  • 磁気吸着機能対応
  • Bluetooth接続不要
  • 5分間自動放置自動オフ
  • パームリジェクション機能なし
  • 筆圧感知機能なし

メリットは、急速充電で5分程度の充電で1時間以上使うことができる点です。

また、磁気吸着機能がついているので、磁気に対応している端末であれば、スタイラスペンをくっつけることができるので紛失リスクが減ります。

Bluetooth接続などは不要ですぐに利用でき、5分間放置で自動オフになるので消し忘れによるバッテリー消費も低減できます。

デメリットは、パームリジェクション機能がついていないので、付属の手袋を使う必要があります。また、筆圧感知機能には対応していません。

「KINGONE」のレビュー

「KINGONE」のスタイラスペンは「0遅延」をうたっていますが、スペックが低いタブレットを利用すると描画が遅れことがあります。

また、「手書きメモ系アプリ」と「お絵描きアプリ」によって使用感が異なり、「手書きメモ系アプリ」の方が低スペックでも使用感はいいできます。

どのくらいのスペックなら使える?

CPUスペックが1.3GHz(クアッドコア)だと遅延したり、速く書くとうまく線が書けないことがあります。

「手書きメモ系アプリ」を使う場合も、できれば2.0GHz(クアッドコア)以上がいいです。

「お絵描きアプリ」で使うなら、2.0GHz(オクタコアコア)以上ないと厳しいので実質Fire HD 10以上でないと快適に操作できないです。

Fireタブレットの世代とCPUスペックの関係は下記のようになっています。

モデル 世代(発売年) Fire OSバージョン CPU
Fire7 第5世代(2015年) Fire OS 5 1.3GHz(クアッドコア)
第7世代(2017年) Fire OS 5 1.3GHz(クアッドコア)
第9世代(2019年) Fire OS 6 1.3GHz(クアッドコア)
第12世代(2022年) Fire OS 8 2.0GHz(クアッドコア)
Fire HD 8 第5世代(2015年) Fire OS 5 1.3GHz(クアッドコア)
第6世代(2016年) Fire OS 5 1.3GHz(クアッドコア)
第7世代(2017年) Fire OS 5 1.3GHz(クアッドコア)
第8世代(2018年) Fire OS 6 1.3GHz(クアッドコア)
第10世代(2020年) Fire OS 7 2.0GHz(クアッドコア)
第12世代(2022年) Fire OS 8 2.0GHz(ヘキサコア)
Fire HD 8 Plus 第10世代(2020年) Fire OS 7 2.0GHz(クアッドコア)
第12世代(2022年) Fire OS 8 2.0GHz(ヘキサコア)
Fire HD 10 第5世代(2015年) Fire OS 5 1.5GHzx2、1.2GHzx2(クアッドコア)
第7世代(2017年) Fire OS 5 1.8GHzx2、1.4GHzx2(クアッドコア)
第9世代(2019年) Fire OS 6 2.0GHz(オクタコア)
第11世代(2021年) Fire OS 7 2.0GHz(オクタコア)
Fire HD 10 Plus 第11世代(2021年) Fire OS 7 2.0GHz(オクタコア)
Fire7キッズモデル 第9世代(2019年) Fire OS 6 1.3GHz(クアッドコア)
第12世代(2022年) Fire OS 8 2.0GHz(クアッドコア)
Fire HD 8キッズモデル 第8世代(2018年) Fire OS 6 1.3GHz(クアッドコア)
第10世代(2020年) Fire OS 7 2.0GHz(クアッドコア)
第12世代(2022年) Fire OS 8 2.0GHz(ヘキサコア)
Fire HD 10キッズモデル 第9世代(2019年) Fire OS 6 2.0GHz(オクタコア)
第11世代(2021年) Fire OS 7 2.0GHz(オクタコア)

各種アプリでの使用感をレビュー

「Amazonフォト」、「MetaMoji Note」、「Medibang Paint」の3つのアプリを使った使用感をレビューします。

Amazonフォトで使える?

Amazonフォトでのメモ書きは、1.3GHz(クアッドコア)のFireタブレットだとゆっくり書けば特に問題ないです。

やや描画遅延する感じはありますが、そこまで気にならないです。

KINGONEスタイラスペンでメモ書きしたところ

MetaMoji Noteで使える?

1.3GHz(クアッドコア)のFireタブレットで「MetaMoji Note」アプリを使って手書きメモした感じは、遅延はほぼ気にならないレベルです。

Fire HD 10なら快適に利用できます。

Medibang Paintで使える?

お絵描きアプリの「Medibang Paint」を使った場合は、1.3GHz(クアッドコア)のFireタブレットでも、Fire HD 10でもやや使いにくい感じがします。

初期設定のままだと、斜めに書く線が「波線」になってしまいます。

KINGONEスタイラスペンで斜め線が波線になってしまう

指で書けば問題ないのですが、スタイラスペンを使うと波打ってしまい、なめらかな線になりません。

キャラクターなどのイラストを描く時に輪郭が書けないので不便です。

この波線は「手ぶれ補正」を使えば修正できます。

KINGONEスタイラスペンで斜め線が波打つのを手振れ補正で補正できる

ただし、手ぶれ補正を利用すると描画遅延がひどくなってしまい、一度スタイラスペンをディスプレイからはなしてしまうと、線を書き足すときにうまくつなげられません。

お絵描きアプリを使う時は、KINGONEをはじめスライラスペンの利用は難しいようです。

指で書く分には問題なく書けます。

【まとめ】FireタブレットでKINGONEスタイラスペンを使ってみた感想

FireタブレットでKINGONEスタイラスペンを使ってみた感想は、手書きメモアプリや簡単な書き足しであれば問題なく利用できます。

ただし、お絵描きアプリなどで、本格的にイラストを描いたりする場合は、あまりおすすめできません。

KINGONEスタイラスペンの問題というよりも、タブレットの性能が影響しています。

タブレットでイラストを描くなら、すでに実績が証明されている「iPad」と「Apple Pencil」の組み合わせの方がよさそうです。

Apple(アップル)
¥92,800 (2022/12/09 15:30:01時点 Amazon調べ-詳細)
Apple(アップル)
¥19,077 (2022/12/09 15:36:52時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次