はじめて

Fireタブレットから収集されているデータの自動送信をオフにする方法

Fireタブレットを起動して、そのまま利用していると、いろいろなデータがAmazonに送信されています。

より使いやすくしたり、利用者にあった広告などを表示するためのデータ収集ですが、あまり気持ちのいいものではありません。

そういったFireタブレットから自動送信され、収集されているデータをオフにする方法を紹介します。

Fireタブレットから収集されているデータの自動送信をオフにする方法

Fireタブレットを初回起動のまま使っていると、下記のデータが自動で収集されています。

自動で収集されているデータ

  • デバイスの使用状況データ
  • アプリの使用状況データ
  • 行動ターゲティング広告

それぞれ詳しく説明していきます。

デバイスの使用状況データ

デバイスの使用状況データとは、個人の好みに合わせてカスタマイズされたセール情報、製品、サービス全体を改善するためのデータです。

設定をオフにすることで、FireタブレットのOSが収集する個人情報の利用を停止できます。

オフにしても下記のデータは収集されてしまいますが、ダダ洩れを防ぐことができます。

  • デバイスの機能を提供するために必要なデータ
  • Prime VideoなどのAmazonサービスの利用状況に関するデータ

設定方法は、「設定」>「セキュリティとプライバシー」>「デバイス使用状況のデータ」をタップして、ボタンを「オフ」にします。

Fireタブレットで自動収集される「デバイスリの使用状況データの収集」を停止する

アプリの使用状況データ

アプリの使用状況データとは、ダウンロードしたアプリの使用頻度と使用時間のデータです。

設定をオフにすると、これらのデータ収集を停止できます。

設定方法は、「設定」>「セキュリティとプライバシー」>「アプリの使用状況データを収集」をタップして、ボタンを「オフ」にします。

Fireタブレットで自動収集される「アプリの使用状況データの収集」を停止する

行動ターゲティング広告

行動ターゲティング広告とは、利用者の行動や興味などを分析して、その人にあった広告を表示することです。

行動ターゲティング広告を表示するために、広告IDを使って利用者のプロフィールを作成して、広告を表示させます。

広告IDを使って、広告を表示させたくない場合は、設定をオフにします。

設定方法は、「設定」>「セキュリティとプライバシー」>「広告ID」をタップして、「行動ターゲティング広告」を「オフ」にします。

Fireタブレットで行動ターゲティング広告の配信を停止する

【まとめ】Fireタブレットから収集されているデータ送信を停止する方法

Fireタブレットから収集されているデータは下記のとおりです。

自動で収集されているデータ

  • デバイスの使用状況データ
  • アプリの使用状況データ
  • 行動ターゲティング広告

それぞれ、「設定」>「セキュリティとプライバシー」から手動で送信を停止できます。

設定をオフにしても、ある程度必要なデータは収集されてしまいますが、ダダ洩れが気になる人は設定をオフにしておきましょう。

-はじめて