Fireタブレットで使えるSDカードの選び方と設定方法【内部と外部ストレージの違い】

疑問

・Fireタブレットに使えるSDカードはどれ?
・ストレージには内部と外部のどちらを選べばよい?

Fireタブレットは、microSDカード拡張スロットで、ストレージ容量を増やすことができます。

いろいろなSDカード(microSDカード)が販売されているので、どれを選んだらよいか悩んでしまうかもしれません。

この記事では、記事前半でFireタブレットで使えるmicroSDカードの選び方・設定方法を、後半では、内部と外部ストレージについて紹介します。

目次

Fireタブレットで使えるSDカード(microSDカード)の選び方

Fireタブレットで使えるSDカードは、microSDカードです。下記の形をしています。

見た目も大きさも違います。通常のSDカードと違うので、間違って購入しないように注意しましょう。

Fireタブレットで使えるSDカード(microSDカード)の見た目や大きさ

Fireタブレットの世代によって拡張できる上限が異なる

Fireタブレットの世代によって、拡張できるmicroSDカードの上限が異なります。

microSDカードを購入する時は、自分のFireタブレットの世代を確認しましょう。

上限容量の範囲内であれば、どのmicroSDカードでも使えます。

Fireタブレットの世代の確認方法は、「設定」>「端末オプション」から確認できます。

Fireタブレットの世代を確認する方法

拡張できる容量の上限は、下記のとおりです。

モデル 世代(発売年) microSDカードで拡張可能な容量
Fire7 第5世代(2015年) 最大200GB
第7世代(2017年) 最大256GB
第9世代(2019年) 最大512GB
第12世代(2022年) 最大1TB
Fire HD 8 第5世代(2015年) 最大200GB
第6世代(2016年) 最大200GB
第7世代(2017年) 最大256GB
第8世代(2018年) 最大512GB
第10世代(2020年) 最大1TB
Fire HD 8 Plus 第10世代(2020年) 最大1TB
Fire HD 10 第5世代(2015年) 最大200GB
第7世代(2017年) 最大256GB
第9世代(2019年) 最大512GB
第11世代(2021年) 最大1TB
Fire HD 10 Plus 第11世代(2021年) 最大1TB
Fire7キッズモデル 第9世代(2019年) 最大512GB
第12世代(2022年) 最大1TB
Fire HD 8キッズモデル 第8世代(2018年) 最大512GB
第10世代(2020年) 最大1TB
Fire HD 10キッズモデル 第9世代(2019年) 最大512GB
第11世代(2021年) 最大1TB

UHSまたはClass 4以上のmicroSDカードを選ぶ

「UHS(Ultra High Speed)」は、microSDカードと機器をつなぐインターフェース規格で、UHS-IやUHS-IIがあります。

「Class」は転送速度の最低保証速度で、Class 10は最低保証速度が10MB/sという意味です。

Fireタブレットで推奨しているmicroSDカードの速度は「UHSまたはClass 4以上」となっています。

UHS-IやClass 10と書かれているものを選べば問題ありません。

Made for Amazonの認証を取得していないmicroSDカードは使える?

FireタブレットのmicroSDカードには、「Made for Amazon認定」を取得したSanDisk マイクロSDカード 128GBなどがあります。

「Made for Amazon認証取得」とは、Fireタブレット(Fire7、Fire HD 8、Fire HD 10)とAmazon Fire TVで動作確認済みのmicroSDカードのことです。

Made for Amazonを認定取得していれば確実に使えますが、認証取得していないmicroSDカードも問題なく使えます。

実際に、TOSHIBA microSDHC 32GBを購入して使ってみましたが問題なく使えました。

この他にも、128GBで2,000円くらいのmicroSDカードがたくさんあります。

下記のSanDisk microSDカード(128GB)はMade for Amazonの認証は取得していませんが、Fireタブレットでも利用でき、価格も2,000円です(記事執筆時は1,700円)。

SanDisk
¥2,048 (2022/10/07 18:50:41時点 Amazon調べ-詳細)

Made for Amazonの認証を取得していれば、どのFireタブレット(Fire7, Fire HD 8、Fire HD 10、キッズモデル)でも使うことができる安心感がありますが、通常のmicroSDカードであれば「Made for Amazon認定取得」より1,000円以上安くなります。

「Made for Amazon認定取得」のmicroSDカードは3,900円です(記事執筆時)。

SanDisk
¥3,980 (2022/10/06 19:45:30時点 Amazon調べ-詳細)

なお、アマゾンのレビューで、Made for Amazon認証取得しているmicroSDカードでも「利用できない」という書き込みがありますが、初期不良の可能性が高いです。

認証を得ているのに利用できないということはなので返品しましょう。

おすすめのmicroSDカードの容量

おすすめのmicroSDカードの容量は「64~128GB」です。

容量が小さいmicroSDカードを購入してもすぐにいっぱいになってしまいます。プライムビデオ・Kindle本・アプリのダウンロードを考えると、64~128GBくらいが価格的にも購入しやすいです。

microSDカードの「SDHCとSDXC」の違い

microSDカードには、SDHCとSDXCがあります。この違いは容量です。

SDHCは、容量が32GBまでのものを指し、SDXCは、容量が64GB以上のものを指しています。

容量が大きい方がよければSDXCという名称が付いているmicroSDカードを選びましょう。

microSDカードを安く購入するには?

microSDカードを安く購入したい場合は、Amazonのセールを利用しましょう。

毎月1回のペースで月末あたりに「タイムセール祭」を開催しているので、セール期間中に購入すれば安く購入できることが多いです。

また、プライムデーやブラックフライデーなどのビッグセールでも、microSDカードを安く購入できます。

FireタブレットでmicroSDカードを使う手順

Fireタブレットの利用が初めての場合は、microSDカードの入れ方や取り出し方にが分からずに困ったりします。

それぞれのやり方を紹介します。

microSDカードの入れ方

FireタブレットにmicroSDカードを差し込む場合は、microSDカード挿入口のカバーをはずして、挿入する方向を間違えないように挿入します(下記の画像を参照)。

入れた後に、カチッと音がするまで中に差し込みます。

音がしない場合は、正しく差し込めていないので、音がするまで、爪で押し込みましょう。正しく差し込めていないと、microSDカードが出っ張っていて、カバーがつけられないので分かります。

正常に挿入できれば、設定画面が自動で開き、「内部ストレージ」と「外部ストレージ(ポータブルストレージ)」の設定画面が表示されます(後述)。

FireタブレットmicroSDカード設定画面

microSDカードの取り出し方

microSDカードを取り出したい場合は、microSDカードを軽く奥に押し込むと、カチッと音がして、ゆっくり指をはなすと外に出てきます。

無理にひっぱって、取りさないようにしましょう。

軽く押すと音がして引っかかりが取れ、バネで押し返されるように出てきます。

microSDカードを取り出す時にアラートが表示される

Fireタブレットに設定しているmicroSDカードを、取り出そうとするとアラートが表示されます。

microSDカードを内部ストレージ化している場合は、再度挿入するまで使えません。

ポータブルストレージ化(外部ストレージ化)している場合は、取り出す時にマウントを解除してから取り出せば、アラートは表示されません。

ポータブルストレージでアラート表示を回避する方法は、「設定」>「ストレージ」で、「SDカードを安全に取り外す」をタップしてから取り外しましょう。

Fireタブレットの「内部ストレージ」と「ポータブルストレージ(外部ストレージ)」の違い

Fireタブレットでは、microSDカードの利用方法を「内部ストレージ」と「ポータブルストレージ(外部ストレージ)」の2つから選択できます。

各ストレージのメリットとデメリットは下記のとおりです。

フォーマット メリット デメリット
内部ストレージ 内部ストレージ容量を節約できる 内部フォーマットしたFireタブレットでしか使えない
ポータブルストレージ
※外部ストレージ
microSDカードを取り出して他のデバイスに差し込んで使える アプリデータは移動できない

FireOS 6(第8世代)以降では、microSDカードにアプリやゲームをインストールできません。

microSDカードを内部ストレージ化した場合のメリットとデメリット

FireタブレットでmicroSDカードを「内部ストレージ」としてフォーマットするメリットは、内部ストレージ容量を増やすことができる点です。

Fireタブレットにもともとある内部ストレージと同じように使えるため、アプリ、データ、ビデオ、音楽、その他のコンテンツが保存できます。

もともとある内部ストレージがいっぱいになって場合、microSDカードの内部化ストレージにデータを移動して容量を減らすことができます。

ストレージ データ移動前 データ移動後
内部ストレージ 4.43GB(空き:6.84GB) 4.04GB(空き:7.22GB)
内部化ストレージ 1.09GB(空き:29.25GB) 1.47GB(空き:28.87GB)

データ移行前

Fireタブレットの内部化ストレージにデータを移行する前の状態

データ移行後

アプリデータも移動でき、Fireタブレットのもともとある内部ストレージの空きが増えています。

Fireタブレットの内部化ストレージにデータを移行した後の状態

※ストレージ管理上は、microSDカードをフォーマットした内部ストレージを「内部化ストレージ」、Fireタブレットに最初からある容量を「内部ストレージ」として別々に管理しています。

Fireタブレットの内部化したmicroSDカードはもともとあるFireタブレットの内部ストレージとは分けて管理される

microSDカードを内部ストレージ化するデメリットは、フォーマットしたFireタブレット以外では利用できなくなる点です。

フォーマットしたmicroSDカードを抜いて、他のデバイスにさしても読み取りができません。

また、Fireタブレットを初期化(工場出荷時の状態)してしまうと、microSDカードの内容も認識しません。

初期化する前に事前にデータを移しておかないと全てデータが消えてしまう点に注意が必要です。

メモ

何をダウンロードしたかなどの情報は、Amazonアカウントに残っています。写真や動画は、Photosでクラウドに共有していれば、消えてなくなるのを防げます。

また、アプリの仕様で、内部化ストレージに移動できないアプリもあります。

この他、内部ストレージ用にフォーマットしたmicroSDカードは、Fireタブレットから取り出すと「SDカードを削除してください」といった内容が表示されます。

microSDカードを削除するか、挿入するまでFireタブレットは使えません。

microSDカードをポータブルストレージにした場合のメリットとデメリット

FireタブレットでmicroSDカードを「ポータブルストレージ(外部ストレージ)」として利用するメリットは、microSDカードを他の端末にさして使える点です。

デメリットは、「ポータブルストレージ」では、内部ストレージは増えないので、アプリをたくさんいれている人は、もともとある内部ストレージが圧迫されます。

どちらのストレージを設定すればよい?

Fireタブレットの内部ストレージが少ないモデルを購入している場合や、アプリをたくさん入れて使うのであれば「内部ストレージ化」がおすすめです。

ただし、内部ストレージにした場合はAmazon Photosで画像や動画のバックアップをとったり、別のオンラインストレージ(Dropbox、Googleドライブなど)で必要なデータのバックアップをとっておいた方が安心です。

逆にアプリはあまり使わずに、Kindle本やプライムビデオをダウンロードして利用するのであれば、「ポータブルストレージ」の方がおすすめです。

Fireタブレットが壊れた場合でも、microSDカードを差し替えることで使うことができます。

Fireタブレットで内部ストレージ化したSDカードの使い方
Fireタブレットでポータブルストレージ化したSDカードの使い方

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次