FireHDタブレットのキッズモデルでできること・できないこと、通常タブレットとの違いは?

FireHDタブレットには、子どもに安心してタブレットを渡せるように、キッズ向けに設定や保証を付けた「Fireタブレットキッズモデル」があります。

現在、「Fire 7」「Fire HD 8」「Fire HD 10」の3つの機種に、キッズモデルがあります。

Fireタブレットのキッズモデルと通常タブレットとの違いや、キッズモデルでどのようなことができるのか、アプリやYoutubeなどは使えるのかについて紹介していきます。

FireHDタブレットのキッズモデルと通常タブレットとの違いについて

FireHDタブレットのキッズモデルは、上記の3モデルがありますが、本体は通常のFireタブレットと同じです。

  • 「Fire 7 キッズモデル」は、通常のFire7タブレット(16GB)がベース
  • 「Fire HD 8 キッズモデル」は、通常のFire HD 8 タブレット(32GB)がベース
  • 「Fire HD 10 キッズモデル」は、通常のFire HD 10タブレット(32GB)がベース

通常のFireタブレットと違うのは、下記の部分です。

通常のFireタブレットと違うところ

  • キッズ向け保護カバー
  • 1年間のAmazon FreeTime Unlimited
  • 2年間限定保証

「キッズ向け保護カバー」は、ピンクやブルーの本体の周りを保護するカバーで、ディスプレイ自体を保護したい場合は、自分で保護フィルムを買わないといけません。

「1年間のAmazon FreeTime Unlimited」は、3歳から12歳向けの書籍、ビデオ、学習用アプリやゲームなどのキッズコンテンツが利用できる定額サービスです。解約しないと継続契約になります。

「Amazon FreeTime Unlimited」の1年間の利用料金は、Amazonプライム会員だと年額5,760円相当(一般会員年額11,760円相当)です。使い放題期間の終了後は、Amazonプライム会員は月額480円(月額980円)で利用できます。

「2年間限定保証」は、なにかしらの原因でタブレットが破損・故障した場合、保証期間内であれば、タブレットを返品することで無償で取り替えてもらえます。

「2年間限定保証」は一定の条件があるので、確認しておきましょう。

2年間限定保証の条件について
2年間限定保証(外部リンク)

キッズモデルでできること・できないこと

キッズモデルは、通常のFireHDタブレットに、子ども用プロフィール(キッズモード)を設定した状態です。

キッズモデルで何ができて、何ができないのかを紹介します。

キッズモデルはAmazon FreeTime Unlimitedが全て

出典:Amazon

キッズモデルを、Amazon FreeTime Unlimitedがない状態で利用しても、魅力的なコンテンツがほとんどありません。

Amazon FreeTime Unlimitedを使うことで、ディズニーやベネッセ、学研のコンテンツなど、数千のコンテンツを利用できるようになります。

つまり、キッズモデルの場合は、Amazon FreeTime Unlimitedを継続しないとあまり利用価値がないとも言えます。

Amazon FreeTime Unlimitedで利用できるコンテンツ

  • 絵本
  • 図鑑
  • 児童文庫
  • 学習マンガ
  • 知育アプリ
  • ゲーム
  • ビデオ
  • 英語教材など

Amazon FreeTime Unlimitedは、上記の内容を設定した年齢に応じて、切り分けて提供しています。

Youtubeは見れる?

キッズモデルでは、基本的に、子供専用コンテンツしか表示されないので、Youtubeのような動画アプリや、大人がやるようなゲームアプリなども基本的には使えません。

ただし、大人用プロフィールでFireタブレットにログインし、アプリをダウンロードして共有すると使えるようになります。

どうしても入れたいアプリがある場合は、個別に共有設定して利用できます。

Alexa(アレクサ)は使える?

Alexa(アレクサ)は子ども用プロフィールでは利用できません。

大人用プロフィールでは操作できます。

プライムビデオは見れる?

Amazon FreeTime Unlimited内では、プライムビデオの中でもAmazonが選んだ「子ども向けのビデオコンテンツだけ」を見ることができます。

通常のプライムビデオ(ビデオアプリ)のように、すべての動画コンテンツが見れるわけではありません。

また、ビデオアプリは、大人用プロフィールから共有できません。

タブレットの使いすぎを制限ができる

出典:Amazon

スマートフォンやパソコン・タブレットからペアレントダッシュボードを使って、子供のタブレットの利用状況を確認できます。

また、1日のタブレットの利用時間を15分単位で設定でき、アプリ・本・ビデオのそれぞれの利用時間を設定できます。

ウェブサイトへのアクセス制限も親が設定できます。

ペアレントダッシュボードを見る
ペアレントダッシュボード(外部リンク)

大人用プロフィールに切り替えれば制限がなくなる

Fireタブレットの設定には、子ども用プロフィール(キッズモード)と大人用プロフィール(大人モード)の切り替えがあります。

キッズモデルでも、大人用プロフィールに切り替えれば、通常タブレットとして利用できます。

大人用プロフィールに切り替えれば、プライムビデオで動画をみたり、アプリストアからアプリをダウンロードしてゲームもできます。

Fireタブレットとキッズモデルの価格を比較

キッズモデルと通常モデルはタブレット本体は変わらないので、通常モデルとサービスを単体で契約した場合を比較してみます。

一番お得なのは、キッズモデルを買って、Amazonプライム会員で更新していくのが一番お得です。
※Fire 7だけ通常モデルを購入してAmazon FreeTime Unlimitedを個別契約したほうがお得。

Amazonプライム会員ではない、一般会員だとキッズモデルを購入した方がお得ですが、結局1年後は月額980円になってしまうので、Amazonプライム会員になって利用するのがお得です。

Fire 7 Fire HD 8 Fire HD 10
・キッズモデル 1,1980円 1,4980円 1,9980円
・Amazonプライム会員
通常モデル+
Amazon FreeTime Unlimited/年
11,740‬円 15,740‬円 21,740円
・一般会員
通常モデル+
Amazon FreeTime Unlimited/年
17,740‬‬円 21,740‬円 27,740‬円