Fireタブレットでポータブルストレージ化したmicroSDカードの使い方

ポータブルストレージ(外部ストレージ)にフォーマットしたmicroSDカードは、抜き差しして他のデバイスでも利用できます。

Fireタブレットが壊れても、microSDカードを別の端末にさせば利用できます。

ポータブルストレージ化したmicroSDカードの使い方を紹介します。

Fireタブレット用のmicroSDカード選びと設定方法はこちら

目次

microSDカードをポータブルストレージ化する方法

microSDカードをポータブルストレージして利用する場合は、SDカードを挿入すると自動で表示される設定画面で「外部ストレージとして使用」をタップします。

これでポータブルストレージ(外部ストレージ)として利用できます。

microSDカードをポータブルストレージにする場合は、挿入すると自動表示される設定画面で外部ストレージを選択する

ポータブルストレージ化したmicroSDカードの使い方

「設定」>「ストレージ」でポータブルストレージ化したmicroSDカードの設定ができます。

microSDカードに保存するデータを選択できる

ポータブルストレージとしてフォーマットすると、microSDカードに保存するデータを選択できます。

保存したいデータのスライドをタップして、「保存・保存しない」を切り替えます。

Fireタブレットのポータブルストレージ(外部ストレージ)にした場合にmicroSDカードに保存するデータを選択できる

内部ストレージに変更する方法

ポータブルストレージ(外部ストレージ)としてフォーマットしたmicroSDカードでも、内部化ストレージに変更できます。

フォーマットして変更するとmicroSDカードの中身は全て消えてしまうので、事前にデータのバックアップをしましょう。

準備ができたら、ストレージの設定画面で「内部ストレージとしてフォーマット」をタップすれば完了です。

Fireタブレットのポータブルストレージ(外部ストレージ)にしたmicroSDカードを内部ストレージとしてフォーマットする

microSDカードを取り外す方法

ポータブルストレージ化したmicroSDカードで注意しないといけないのが、SDカードを取り外す時です。

「停止処理」を行ってから取り外しましょう。

やり方は、ストレージの設定画面で「SDカードを取り外す」をタップし、ポップアップ確認画面で「OK」をタップします。

SDカードで保存できる設定項目が消えたら、取り外しましょう。

ポータブルストレージ化したmicroSDカードを取り外す時はSDカードを停止させる

停止せずに取り外すことも可能ですが、「SDカードが不正に取り外されました」というエラーメッセージが表示されてしまいます。

また、データが破損したり認識しなくなる可能性もあるので、停止してから取り外した方がいいです。

データ損失を防ぐため、SDカードを取り外す前にすべてのSDカードタスクを停止してください。「設定」>「ストレージ」の順に選択して「SDカードを安全に取り外す」をタップしてください。

取り外したmicroSDカードを挿入する方法

ポータブルストレージ化したmicroSDカードを取り外して、再度挿入した場合はマウントが必要になります。

microSDカードを差し込むと、ストレージの設定画面にマウント情報が表示されるので、「SDカードをマウント」をタップし、次の画面で「外部ストレージとして使用」をタップします。

ポータブルストレージ化したmicroSDカードを挿入したらマウントする

※停止処理を行わずにSDカードを抜き取ると、「SDカードをマウント」という表示がスキップされることがあります。

microSDカードのデータを全部削除する

ストレージの設定画面で「SDカードを消去」をタップすると、microSDカードの全てのデータを削除できます。

ポータブルストレージ化したmicroSDカードの中身を全て削除できる

Kindle本は移動できる?

ポータブルストレージでは、同じAmazonアカウントを使用している場合にかぎり、カードに保存したKindle本を他の端末でみることができます。

あわせて読みたい
Fireタブレットで内部ストレージ化したmicroSDカードの使い方 内部ストレージ化したmicroSDカードは、Fireタブレットの内部ストレージを増やすことができます。 一番大きなメリットは、アプリデータを移動できることで、Fireタブレ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる