Fireタブレットで外部ストレージ化したmicroSDカードの使い方

Fireタブレットは、microSDカードを使ってストレージ(画像などを保存できる場所)を拡張できます。

ストレージを拡張するには、内部ストレージ、または外部ストレージ(ポータブルストレージ)かを選択してmicroSDカードのフォーマットが必要です。

外部ストレージにフォーマットしたmicroSDカードは、別のFireタブレットに挿入して使えるため、Fireタブレットが壊れてしまった時のバックアップとして利用できます。

この記事では、外部ストレージ化したmicroSDカードの使い方を紹介します。

Fireタブレット用のSDカードの選びと設定方法はこちら

目次

FireタブレットでmicroSDカードを外部ストレージ化する方法

Fireタブレットに使えるmicroSDカードを外部ストレージ(ポータブルストレージ)化して利用する場合は、microSDカードを挿入すると自動で表示される設定画面で「外部ストレージとして使用」をタップします。

これで外部ストレージとして利用できます。

microSDカードを外部ストレージにする場合は、挿入すると自動表示される設定画面で外部ストレージを選択する

Fireタブレットで外部ストレージ化したmicroSDカードの使い方

Fireタブレットで外部ストレージ化したmicroSDカードの使い方を紹介します。

microSDカードに保存するデータを選択する

Fireタブレットの「設定」>「ストレージ」にアクセスします。

ストレージ画面で保存するデータをスライドボタンで選択できます。

Fireタブレットの外部ストレージにした場合にmicroSDカードに保存するデータを選択できる

保存できるデータ項目は下記の4つです。

スクロールできます
保存できるデータ データ内容
映画とTV番組をSDカードにダウンロード プライムビデオ
楽曲をSDカードにダウンロード AmazonMusic
写真とパーソナルビデオをSDカードに保存 カメラで撮影した画像や動画
本をSDカードにダウンロード Kindle本

ストレージを内部ストレージに変更する方法

外部ストレージにしたmicroSDカードをフォーマットして、内部化ストレージに変更することも可能です。

ただし、変更するとmicroSDカードの中身は全て消えてしまうので、データのバックアップをしておきましょう。

準備ができたら、ストレージの設定画面で「内部ストレージとしてフォーマット」をタップすれば完了です。

Fireタブレットの外部ストレージにしたmicroSDカードを内部ストレージとしてフォーマットする

microSDカードを取り外す方法

外部ストレージ化したmicroSDカードを取り出す時は、「停止処理」を行ってから取り外しましょう。

やり方は、ストレージの設定画面で「SDカードを取り外す」を選択し、ポップアップ確認画面で「OK」をタップします。

Fireタブレットの画面から、SDカードに関する設定項目が消えたら、Fireタブレット本体からmicroSDカードを取り出せます。

外部ストレージ化したmicroSDカードを取り外す時はSDカードを停止させる

「停止処理」を行わずに取り外すことも可能ですが、「SDカードが不正に取り外されました」というエラーメッセージが表示されます。

データ損失を防ぐため、SDカードを取り外す前にすべてのSDカードタスクを停止してください。「設定」>「ストレージ」の順に選択して「SDカードを安全に取り外す」をタップしてください。

停止処理しない取り外しは、故障の原因となるので、停止処理を心がけましょう。

※2022年発売(第12世代)のFireタブレットでも、エラーメッセージは表示されますが、停止処理ができないようです(2023年1月時点)。

取り外したmicroSDカードを挿入する方法

外部ストレージ化したmicroSDカードを取り外して、再度挿入した場合は「マウント」が必要です。

microSDカードを差し込むと、ストレージの設定画面にマウント情報が表示されます。「SDカードをマウント」をタップし、次に表示される画面で「外部ストレージとして使用」をタップします。

外部ストレージ化したmicroSDカードを挿入したらマウントする

※停止処理を行わずにSDカードを抜き取ると、「SDカードをマウント」という表示がでません。

別のFireタブレットに差して使う方法

外部ストレージ化したmicroSDカードを別のFireタブレットに差すと、自動で認識して下記の画面が表示されます。

「外部ストレージとして使用」をタップすれば、そのまま外部ストレージとして利用可能です。

microSDカードを外部ストレージにする場合は、挿入すると自動表示される設定画面で外部ストレージを選択する

Photosアプリで内部ストレージデータを外部ストレージ(microSDカード)に移動する方法

既に使用しているFireタブレットは、内部ストレージにデータが保存されています。

この内部ストレージから、外部ストレージ(microSDカード)にデータを移動する方法を紹介します。


既存のFireタブレットの内部ストレージのデータを外部ストレージ(microSDカード)に移す方法

まずは、Photosアプリを理解する必要があるので、最初に簡単に説明します。

microSDカードを差していない状態でAmazon Photosアプリが見れるデータは、「フォト・プライム(クラウドに保存してあるデータ)」と「内部ストレージ」の2つです。

同じデータが「フォト・プライム」と「内部ストレージ」の2つの場所に存在しています(※1)。

(※1)「自動保存」を設定している場合。

Photosアプリではクラウドのデータと内部ストレージのデータが二つ見えています。

ここに、microSDカードを挿入すると、「フォト・プライム」「内部ストレージ」「外部ストレージ(microSDカード)」の3つのデータが見られるようになります。

内部ストレージにあるデータは、自動で外部ストレージに移動できないため、手動で移動作業が必要です。

やり方は下記のとおりです。

内部ストレージから外部ストレージにデータを移動する手順

  • ①内部ストレージのデータを削除
  • ②「フォト・プライム」から「外部ストレージ」にデータをダウンロード

なお、「自動保存」を設定していないと「フォト・プライム」にデータが存在しないので、事前に確認してください。

内部ストレージのデータを、外部ストレージに直接移動する方法はないため、この手順で移動しましょう。

内部ストレージのデータを外部に移す場合は、内部ストレージのデータを削除してから、クラウドからダウンロードする

「フォト・プライム」を解約した場合やmicroSDカードにデータを保存しておきたい人は、この手順で移動できます。

Photosアプリの使い方を理解していないと、混乱すると思うので、記事も参考にしてください。

Amazon Photosの使い方

なお、内部ストレージの使い方については、下記の記事を参照してください。

あわせて読みたい
Fireタブレットで内部ストレージ化したSDカード(microSDカード)の使い方 Fireタブレットでは、SDカード(microSDカード)を内部ストレージ、またはポータブルストレージを選択して設定します。 内部ストレージ化したmicroSDカードは、Fireタブ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次