FireHDタブレットを自動でシステムアップデートしない方法

FireHDタブレットで、自動でシステムアップデートしない方法を紹介します。

FireHDタブレットは、デフォルトでは自動でシステムアップデートするようなっています。

しかし、Google PlayなどのAmazon非公式アプリをインストールしている場合、自動でシステムアップデート(FireOSアップデート)すると困る場合もあります。

FireHDタブレットには、「開発者向けオプション」というモードがあり、それを有効にして、自動でシステムアップデートしないように設定できます。

FireHDタブレットを自動でシステムアップデートしない方法

まず「開発者向けオプション」を表示させて、その後「自動システムアップデートしない」設定を行います。

FireHDタブレットの「開発者向けオプション」を表示させる

FireHDタブレットの「開発者向けオプション」はデフォルトでは非表示になっているので、まずは表示させるところから始めます。

「設定」>「端末オプション」をタップします。

「Fireタブレットのバージョン情報」をタップします。

「シリアル番号」を7回タップします。

3回以上タップすると、画面の下に残りのタップ数が表示され、7回タップすると「開発者向けオプション」が表示されます。

FireHDタブレットの「自動システムアップデート」をオフにする

「設定」>「端末オプション」をタップすると「開発者向けオプション」が新たに表示されています。「開発者向けオプション」をタップします。

開発者向けオプションのスライドを「オン」にします。

開発者向けオプションをオンにすることで「自動システムアップデート」がデフォルトで「オフ」になります。

もし、「自動システムアップデート」が「オン」になっていたら、スライドをタップして「オフ」にします。

開発者向けオプションは、有効にすることで、端末やインストールされているアプリが破壊されたり、不安定になる可能性があるので注意が必要です。

開発者向けオプションを「オン」にしておかないと、自動システムアップデートの「オフ」の効果が発揮できません。

自動でシステムアップデートされないので、必要に応じて手動でアップデートが必要です。

手動でシステムアップデートする
FireHDタブレットを手動でシステムアップデートする方法