ニュース

Fireタブレット画面の反射や映り込みを防止するアンチグレアフィルム

Fireタブレットの画面に、天井ライトや自分の顔などが反射したり映り込んで、画面が見づらくなったことはありませんか?

プライムビデオを見ている時やウェブサイトで文字を読む時に、画面に反射や映り込みがあるとストレスがたまります。

この反射や映り込みは「アンチグレアフィルム(ノングレア)」で防止できます。

フィルムには傷を防止する以外の機能もあるので合わせて紹介します。

フィルムの種類

フィルムには、いくつか種類があり、それぞれ効果が違います。1つのフィルムで複数の効果があるフィルムは、価格が高くなります。

主なフィルムの効果

  • 反射防止・映り込み防止(アンチグレア加工により、光の映り込みを軽減する)
  • ブルーライトカット(長時間ディスプレイを見ていても目が疲れにくくなる、明るさが落ちる場合がある)
  • 指紋防止(撥油加工により指紋がつきにくくなる)
  • 傷防止(強化ガラスだと傷防止度は高いが指紋がつきやすい)

傷防止だけでよければ、強化ガラスのフィルムを選べば安いものがあります。反射や映り込みを防止したいならアンチグレアのあるフィルムがおすすめです。

Fireタブレット8・8Plus用反射防止・ブルーライトカットフィルム

反射防止とブルーライトカットがついたFireタブレット8・8Plus用のフィルムを紹介します。

アンチグレアで画面への反射や映り込みを防止できます。

Fireタブレットのアンチグレアフィルム

また、目の疲れを軽減できるブルーライトカットなどもついており、価格はやや高めです。

Fireタブレットのブルーライトカットフィルム

このフィルム効果は主に「ブルーライトカット(何%カットの記載なし)」「反射防止」「傷防止」「指紋防止」です。

FireタブレットHD10用と7用のブルーライトカットフィルムはこちら
FireタブレットHD10用のブルーライトカットフィルム
Fireタブレット7用のブルーライトカットフィルム

Fireタブレット8・8Plus用反射防止フィルム

Fireタブレット8、8Plus用のブルーライトカットがついていない、反射防止フィルム(アンチグレアフィルム)です。価格は安くなります。

フィルムの効果は、主に「反射防止」と「傷防止」です。ブルーライトカットはなく、指紋がつくというデメリットはありますが、反射防止効果の高いフィルムです。長時間利用しないのであれば、ブルーライトがないフィルムでも十分です。

FireタブレットHD10用と7用のアンチグレアフィルムはこちら
FireタブレットHD10用のアンチグレアフィルム
Fireタブレット7用のアンチグレアフィルム

気泡が入らないようにするコツ

購入したフィルムは自分で貼り付けることになります。よくある失敗に気泡が入ってしまうことがあげられるので、気泡がはいらないようにするコツを紹介します。

フィルムをはがす前に貼り付ける位置を確認します。

付属のクリーニングクロスやシールを使って画面をきれいにして埃をとります。

フィルムをはがしたら、付属のヘラを使いながら素早く貼り付けます(できるだけ貼り直しをしない)。

貼り付けが遅いと埃が入って気泡ができる原因になります。また、完全に貼り付けた後の貼り直しは、はがす時にフィルムを傷つける原因になったり(角をはがす時は特に注意)、粘着力が弱まる原因になります。

貼り付けるときに、適度にフィルムを反らして、反った反発力を使って押し付けながら貼り付けます。また、ヘラ(ない時は指)で空気を抜きつつ貼り付けると、気泡がはいりにくくなります(反らしすぎるとフィルムをいためるので注意)。

-ニュース
-,