ニュース

Fireタブレットで使えるスタイラスペン「iPens」のレビュー・感想

2019年11月14日

Fireタブレットで使えるスタイラスペン(タッチペン)「iPens」を使ってみたのでレビューです。

確認したFireタブレットは、Fire HD 8(第8世代)です。

※あくまでFireタブレットでのレビューなので、他のデバイスではスペックなどで違いがでます。

スタイラスペン「iPens」のレビュー

iPhoneやiPadでの利用を想定して作られていますが、Fireタブレットでも利用でき、イラストやお絵かきに使うことができるスタイラスペン(タッチペン)です。

これを購入しようと思ったのは、

  • ゴム製のペン先なのでディスプレイを傷つけない
  • 適度な重さがあるので書きやすそう

といった理由からです。

実際に購入してみても上記は想定通りです。

iPensの同梱内容

同梱されているものは、スタイラスペン本体以外に、マイクロUSB充電アダプター、4つの交換用ゴム製ペン先、使用説明書がついています。

電源オン・オフ機能

利用する時は、ペンの後ろ側を押して電源をオンにして利用します。

バッテリーは、2時間充電してから10時間連続で使用することができ、利用していなければ、4分後に自動的に電源がオフになります。

iPensの操作性

スタイラスペンは、銅製のペン先にゴム製ペンが装着されていますが、ゴムをはずして銅製のペン先にして利用することもできますが、ゴムのままの方がタッチスクリーンを保護できます。

ペンは軽く、グリップも問題ありません。

ややもっさりした感じはします。

ArtFlowアプリで使ってみた感想

画面に保護シートをはっている状態で、Amazonアプリの「ArtFlow」で利用しましたが、反応は悪くありませんが、少し遅れて反応する感じがあります。

ペンをゆっくり動かすと線がギザギザになってしまいます。ある程度素早く線を書けば問題ありません。

補正ができず、保護シートをとってもかわらなかったので、ペンまたはFireタブレットの限界だと思います。

また、ペンと実際の描画する位置が微妙にずれている感じがします。

ペイント メモアプリで使ってみた感想

もう一つ、「ペイント メモ」アプリで利用してみました。

こちらでも、ペンと描画が微妙に遅れて反応しますが、普通に文字を書くには問題ないです。

あまり早くペンを動かすと丸みを付けるのが難しいです。

iPensをFireタブレットで使ってみたレビュー・感想まとめ

iPensの基本的な性能は悪くなく、Fireタブレットでも利用できます。

手書きメモ(テキストや簡単な絵)であれば十分満足できると思いますが、細かい絵を描く場合は、苦戦するかもしれません。

ただ、Fireタブレット自体の性能やアプリの性能も関係があるのでiPensが悪いとは言い切れないところもあります。

文字を書く時も絵を描く時もグローブがあった方が便利です。

-ニュース
-