FireタブレットでEwinキーボードを使った感想:良い点・不満なところをレビュー

EwinのBluetoothキーボードを、Fireタブレットに接続して利用してみた感想を紹介します。

目次

Ewinキーボードを購入したワケ

Ewinキーボード外箱

Ewinキーボードを購入した理由は、Fireタブレットにキーボードをつなげれば、ちょっとした作業を「いつでも、どこでも簡単にできる」と思ったからです。

ノートパソコンを持っているのですが、リビングで使うには大きすぎて邪魔でした。

FireタブレットとEwinキーボードなら、同じテーブルで子供の宿題を見ながら、作業スペースも確保できます。

購入したEwinキーボード

今回使ったキーボードは、下記のEwinキーボードです。3台まで切り替えて接続できます。

-Ewin
¥1,940 (2023/02/03 05:38:36時点 Amazon調べ-詳細)

Ewinキーボードの商品情報

スクロールできます
規格 JIS規格(標準日本語配列)
対応OS Windows/Android/Mac/iOS
接続方式 無線(Bluetooth5.1対応)
通信距離 10m
電池 単4電池(2本)
動作時間 アルカリ電池で約1年
サイズ 29.5 x 12.5 x 2 cm
重量 301g
アマゾン評価 (2023年1月時点)

Ewinキーボード「スタンド付き」の中身

Ewinキーボードの中身がこちら。

キーボード本体の他に、保証書、説明書、スタンドなどがついています。

購入してから14日以内にLINE登録すると、保証が18カ月延長されるカードも入っていました。

Ewinキーボード「スタンド付き」の中身

スタンドは、折りたたみ式で、角度を調整でき、使わない時は閉じて平らにできます。

作りはややチープな感じがしますが、タブレットやスマホを立てかけるくらいであれば十分です。

なお、Fireタブレットを縦置きにすると倒れてしまうので、横置きで利用しています。

Ewinキーボードのスタンド

EwinキーボードとFireタブレットの大きさ

EwinキーボードとFireタブレット(Fire HD 10 Plus)を比較すると、Ewinキーボードの方が少し長めです。

EwinキーボードとFireタブレットのサイズを比較

EwinキーボードをFireタブレットで使った時のメリット

EwinキーボードをFireタブレットで使った時のメリットは下記のとおりです。

  • ①Fireタブレットでの文字入力が格段にアップする
  • ②持ち運びが便利なのでカフェで作業もできる
  • ③ストレスなくキーが打てる

①Fireタブレットでの文字入力が格段にアップする

仮想キーボードとは違い、文字が入力しやすくなり、文字を打つ速度が格段にアップします。

キーのサイズは、通常のノートパソコンと同じで1.6cmあり、キーの中心から中心までの距離は1.9cmあります。長時間使っても、指が詰まる感じはありません。

また、キーストロークがパンタグラフ式なので、キータッチが柔らかく、音も比較的静かです。

Ewinキーボードのキーの幅とキーの中心から中心までの距離

①Bluetooth接続が簡単にできる

EwinキーボードとFireタブレットのBluetoothの設定は、一度やれば覚えられます。再接続も簡単です。

文字入力の遅延もないので、ストレスなく文字入力ができます。Google Playをインストールしておけば、GoogleスプレッドシートやGoogleドキュメントを使って仕事に使えます。

Ewinキーボードを利用する方法(Bluetooth接続方法はこちら)

②軽くて持ち運びやすい

Ewinキーボードは、単4電池2本を入れた状態でも、実測319gでした。

Ewinキーボードの重さ

とても軽いので、パッと持ち運んで移動できます。リビングやカフェに持っていって、すぐにFireタブレットに接続して作業ができ、かたづけるのも簡単です。

また、高さもほとんどないので、カバンにいれてもかさばりません。

Ewinキーボードの高さ

Ewinキーボードを使って気づいた点

Ewinキーボードを使ってみて、気づいた点を紹介します。

Ewinキーボードの問題ではなく、Fireタブレット側のスペックや仕様の可能性もあります。

  • ①コピペがうまくいかない時がある
  • ②ファンクションキーが使えない
  • ③変換候補が少ない

①コピーがうまくいかない時がある

キーボードを使ったコピー(Ctrl+C)がうまくいかないことがあります。1回目がうまくいっても、2回目がうまくいかないことも。

うまくいかない時は、コピーする内容がクリップボードにコピーできていないのかもしれません。

うまくコピペできない時は、一度、画面を別のアプリに切り替えて、その後戻れば、コピペできました。

ただし、それでもうまくいかないことがあるので、その場合は画面操作も加えています。コピーしたい文字をキーボードで選択した後に、画面をタップしてメニューからコピーし、「Ctrl+V」で貼付。

②ファンクションキーが使えない

Windowsと同じファンクションキーの利用ができない。

Windowsの場合は、入力した文字をカタカナ変換に変換したい時は「F7」、ローマ字変換したい時は「F10」を押せば、一発で変換できます。

Android OSの場合は、そのような変換機能がないので、Shiftキーで変換するか、最初から半角英字入力するしかありません。

③FireタブレットのIMEが貧弱すぎる

Ewinキーボードで文字入力をしていると、文字変換精度が低いFireタブレットのIMEでは、物足りなくなってきます。

例えば、FireタブレットのIMEでは「cook」と入力しても「こおk」と変換されてします。Spaceキーで変換しても、変換候補には「cook」がでてこないため、最初から半角英文字で入力するしかありません。

もし、日本語入力のまま「cook」と入力したい場合は、IMEを変える必要があります。

一番使いやすいのがGoogleが提供している「Gboard」です。Google Playをインストールしてから「Gboard」をインストールすれば、利用できます。

なお、Gboardなら、最初の文字をShiftキーを押して入力すれば、その後に続く文字が半角英字になります(FireタブレットのIMEでは半角英字にはなりません)。

FireタブレットにGboardをインストールする方法

Ewinキーボードの口コミ

Ewinキーボードに関するツイートやAmazonレビューをピックアップして紹介します。

ツイッターの口コミ

Ewinキーボードに関するツイートです。

Amazonの口コミ

Amazonには下記の口コミがありました。

〇 良い口コミ

  • 古いBluetooth規格だと遅延するが、最近のものであれば快適。
  • 日本語配列は便利。
  • 思っていたよりしっかりしている。高級感があり、接続も簡単にできた。打感も悪くなく、音も静か。

✕ 悪い口コミ

  • 送られてきた商品が商品画像と異なる。
  • ペアリングして、文字を打ってると文字入力出来ない状態になる。
  • キーボードのキーが外れてしまった。
  • 英語とかな入力の切り替えが、通常のパソコン操作と異なるようで説明もないので分からない。

まとめ:Ewinキーボードを使うならFire HD 10がおすすめ

以上、Ewinキーボードについて紹介しました。

悪いレビューもありますが、EwinキーボードはFireタブレットでも問題なく利用できます。文字入力も遅延なく快適です。

Bluetooth接続マウスと一緒に使えば、テキスト入力時の作業がかなり快適になります。

2画面分割もできるFire HD 10と合わせて使うのがオススメです。

FireタブレットにEwinキーボードを接続して利用する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次