Fireタブレットで内部ストレージ化したmicroSDカードの使い方

内部ストレージ化したmicroSDカードは、Fireタブレットの内部ストレージを増やすことができます。

一番大きなメリットは、アプリデータを移動できることで、Fireタブレットの内部ストレージの空きを増やすことができます。

内部ストレージ化したmicroSDカードの使い方を紹介します。

Fireタブレット用のmicroSDカード選びと設定方法はこちら

目次

microSDカードを内部ストレージ化する方法

microSDカードを内部ストレージとして利用する場合は、SDカードを差し込むと自動で表示される設定画面で「内部ストレージとして使用」をタップします。

処理中に「ストレージデバイスにコンテンツを移動しかすか?」と表示されたら「コンテンツを移動」をタップします。これを選択すれば、移動可能なデータを内部ストレージ化したmicroSDカードに移動してくれます。

フォーマットはこれで完了です。

microSDカードを内部ストレージにする場合は、挿入すると自動表示される設定画面で内部ストレージを選択する

内部ストレージ化したmicroSDカードの使い方

「設定」>「ストレージ」で内部ストレージ化したmicroSDカードの設定などが使えます。

内部ストレージ化したmicroSDカードにデータを移動する

フォーマット時にデータを移動しなかった場合やアプリをインストールした場合は、手動でデータを移動できます。

「Fireタブレットの内部ストレージ」から、内部化ストレージ(microSDカード)にデータを移動するやり方です。

ストレージの設定画面で「データを内部ストレージに移動」をタップします。

Fireタブレットのもともとある内部ストレージから、内部ストレージ化したmicroSDカードにデータを移動する

これで、Fireタブレットの内部ストレージの空き容量を増やすことができます。

Fireタブレットの内部ストレージにデータを移動する

内部化ストレージ(microSDカード)から、Fireタブレットの内部ストレージにデータを移動することもできます。

ストレージの設定画面で、「データをSDカードに移動」をタップします。

文言が紛らわしいのですが、この場合Fireタブレットの内部ストレージの空き容量が減ります。

Fireタブレットの内部ストレージ化したmicroSDカードからもともとある内部ストレージにデータを移動する

ポータブルストレージに変更する方法

内部化ストレージ(microSDカード)を、ポータブルストレージ(外部ストレージ)に変更することができます。

フォーマットするとmicroSDカードの中身は全て消えてしまうので、必要なデータはバックアップしておきましょう。

ポータブルストレージに変更する場合は、ストレージの設定画面で、「ポータブルストレージとしてフォーマット」をタップします。

Fireタブレットの内部ストレージ化したmicroSDカードをポータブルストレージ(外部ストレージ)としてフォーマットする

内部ストレージ化したmicroSDカードは取り外せない

内部ストレージ化したmicroSDカードは、Fireタブレットから取り外すことができません。

もし、取り出してしまった場合は「SDカードアラート」が表示され、SDカードを挿入するまでFireタブレットが使えなくなります。

Fireタブレットを使用するには、SDカードを再度挿入するかマウント解除してください。SDカードをマウント解除すると映画、書籍、アプリなど、このSDカードに保存されているすべてのデータが消去されます。これらのアプリを後でインストールした場合でも、SDカードに保存済みのアプリデータは失われます。Fire TabletでこのSDカードを使用するには、再フォーマットが必要になります。

もし、なくしてしまった場合は「SDカードを削除」をタップしましょう。

保存したデータは全て消えてしまいますが、microSDカードがなくてもFireタブレットが使えるようになります。

あわせて読みたい
Fireタブレットでポータブルストレージ化したmicroSDカードの使い方 ポータブルストレージ(外部ストレージ)にフォーマットしたmicroSDカードは、抜き差しして他のデバイスでも利用できます。 Fireタブレットが壊れても、microSDカードを...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる