困ったとき

Amazonを語る詐欺メール「Amazonアカウントが制限されようとしています!」

Amazonを語る詐欺メール(フィッシングメール)が出回っています。

下記のようなAmazonアカウントに関する内容です。

お客様のアカウントからの異常なアクティビティが見つかりました。あなたの身元と財政の潜在的な誤用を防ぐために、私たちはあなたのアカウントを保留にしました。保護のために身元を確認し、将来のいかなる種類の損失も回避することが必須です。ログイン認証情報やOTPなどの個人情報は誰とも共有しないでください。

【Amazon詐欺メール】Amazonアカウントが一時的に保留されています!

送信元のメールアドレスが「no-reply@accounts.google.com」になっており、アマゾンからのメールアドレスではありません(ただし、メールアドレスは偽装できるので注意が必要です)。

【Amazon詐欺メール】送信元がGamil

メール内に「今すぐ確認」ボタンが付いていますが、クリックしてログインしたり、アカウント情報やクレジットカード情報を登録してはいけません。

まず、本当にアクセスが制限されたのか、アプリやウェブサイトから確認してみましょう。フィッシングメールのリンクからはダメです。

その他にも似たようなAmazonを語る詐欺メール(フィッシングメール)があるので注意しましょう。

-困ったとき
-,